コンテンツへスキップする

外川 拓Togawa Taku

経済学部経営学科 准教授

研究プロフィール

専門領域はマーケティング戦略、および消費者行動論です。ここ数年、マーケティングやビジネスの分野でも、SDGsや持続可能性は重要なテーマとして扱われています。企業が顧客と長期的に好ましい関係性を維持するためには、環境、エネルギー、食品などにまつわる社会的課題へ積極的に取り組み、顧客から「誠実である」、「信頼できる」などと評価されることが重要です。この視点に立ち、企業やブランドに対する信頼感をどのようにしたら醸成できるか、いかに企業として顧客を「社会的に望ましい選択」へと導いていくか、などの問いに対して、顧客の感覚(視覚、味覚などの五感)の役割に注目しながらアプローチしています。

研究プロフィールに関するSDGs

  • 3:すべての人に健康と福祉を
  • 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12:つくる責任 つかう責任

取組み事例

教員詳細情報