コンテンツへスキップする

教員 Researcher

理工学部

足立 匡Adachi Tadashi

理工学部機能創造理工学科 教授
研究プロフィール
私たちの研究室では、物質の電気抵抗がゼロになる超伝導現象に関する研究を行っています。リニア新幹線と核磁気共鳴診断に不可欠な強力な電磁石や送電ケーブルなどに使われている超伝導は、次世代の省エネルギー社会に役立ちます。私たちは、高温で超伝導を示す物質の開発と超伝導の発現メカニズムの解明を目指して、超伝導物質を合成して基礎物性を測定する研究を進めています。
  • 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
理工学部機能創造理工学科 教授

藤田 正博Fujita Masahiro

理工学部物質生命理工学科 教授
研究プロフィール
特定の有機カチオンとアニオンを組み合わせると、室温で液体となる塩「イオン液体」が得られる。イオン液体は、イオンのみからなる液体であるため静電的な相互作用力が強く、真空下で加熱しても揮発せず、難燃性である。生活環境に飛散しない、繰り返し何度でも使えるという特徴から、地球に優しい“グリーンソルベント”として注目を集めており、イオン液体を用いた高性能蓄電池やセルロース加工技術の開発に取り組んでいる。
  • 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12:つくる責任 つかう責任
  • 14:海の豊かさを守ろう
理工学部物質生命理工学科 教授

WEILU ZHANGWEILU ZHANG

理工学部機能創造理工学科 特任助教
研究プロフィール
電子ラマン分光法と光電子分光法で、非従来型高温超伝導体における研究。 超伝導体の性質、超伝導秩序、電子軌道秩序と磁気秩序の関係の解明を目指す。
  • 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
理工学部機能創造理工学科 特任助教

千葉 篤彦Chiba Atsuhiko

理工学部物質生命理工学科 教授
研究プロフィール
本研究室では、げっ歯類を用いて性指向性の発現に影響を与える生物学的環境要因の解明を目指して研究を進めている。性的少数者がいまだに多くの偏見や無理解から生きづらさを抱えている現実があり、性の多様性に対する社会全体の正しい理解が不可欠である。それには社会的な側面からの理解だけではなく、我々の研究を通じて生物学的側面から、性の多様性が存在することが極めて自然な現象であることの理解に資するような情報発信をしていきたいと考えている。
  • 5:ジェンダー平等を実現しよう
  • 10:人や国の不平等をなくそう
  • 11:住み続けられるまちづくりを
理工学部物質生命理工学科 教授

林 等Hitoshi Hayashi

理工学部情報理工学科 教授
研究プロフィール
(1)Internet of Things(IoT)を加速する機械学習を用いた「Beyond 5G」無線センサネットワークの低消費電力・高信頼伝送 (2)人工知能(AI)チップを用いたIoTエッジデバイスの小型化・低消費電力化
  • 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
理工学部情報理工学科 教授

齊藤 玉緒Saito Tamao

理工学部物質生命理工学科 教授
研究プロフィール
細胞性粘菌という微生物をモデルにして、土壌微生物の生物間コミュニケーションを理解したいと考えています。土壌では植物由来の有機物を元に細菌、菌類や無脊椎動物などが複雑な生態系を作り出しています。細胞性粘菌は細菌を捕食しますが、菌類、線虫などには捕食される存在です。その生き残り戦略は細胞が発する「言葉」である化学物質による巧みなコミュニケーションによって支えられています。土壌微生物の「言葉」に耳を傾けることによって、土壌の生態系の理解や健全化に資することを目指しています。
  • 2:飢餓をゼロに
  • 14:海の豊かさを守ろう
  • 15:陸の豊かさも守ろう
理工学部物質生命理工学科 教授

荒井 隆行Arai Takayuki

理工学部情報理工学科 教授
研究プロフィール
音に関わる研究、特に音声コミュニケーションに従事。その根幹には、私たちはどのように音声を作り、またどのように音声を聞いているかという科学的側面への探求があり、言語学(特に音声学)や認知心理学とも接点。言語教育にも貢献し、英語の音がテーマとなっているNHK Eテレ「えいごであそぼ with Orton」の実験監修を2017年から続けている。
「声道模型」による音声生成のモデルは、国内外の博物館展示の他、授業や科学教室等、科学教育において活躍中。ICTが進む現代社会においても、音声の役割は重要になってきている昨今、工学応用のみならず、医療分野や臨床応用なども視野に。最近では声道模型を使って発話中の飛沫等の可視化を実現。
  • 3:すべての人に健康と福祉を
  • 4:質の高い教育をみんなに
  • 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
理工学部情報理工学科 教授

鈴木 隆Takashi Suzuki

理工学部機能創造理工学科 教授
研究プロフィール
ソフィスティケートエネルギー研究拠点では、水素と窒素の化合物であるアンモニア(NH3)を燃料とすることにより、地球温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないエンジンの研究を行っています。アンモニアは水素と比較して輸送コストが小さいことから、エネルギーキャリアとして注目されています。また、冷却水の核沸騰による熱伝達を利用することにより、エンジンの熱効率を向上させる研究も行っています。
本年度からは、アンモニアの燃焼不安定性や沸騰現象の不安定性を調査するために、AIを用いた深層学習(ディープラーニング)の研究を開始しています。
  • 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 13:気候変動に具体的な対策を
理工学部機能創造理工学科 教授

高井 健一Takai Kenichi

理工学部機能創造理工学科 教授
研究プロフィール
専門は材料科学、金属材料の強度と破壊、水素脆化。低炭素社会、さらには脱炭素社会に向けて、このような社会を構築するための基盤となる新たな材料創製を目指す。金属材料が自動車や社会インフラで長期間使用されると、水素による破壊、すなわち水素脆化を起こすことがある。
その課題を根本から解決するため、原子スケールから水素脆化のメカニズム解明に取り組み、安全な社会の構築に向けた材料設計指針を提案してきた。また、学協会において産官学のメンバーで構成される水素脆化に関するフォーラム、研究会、研究プロジェクトを立ち上げ、オールジャパンで協力し、解決に取り組んでいる。
  • 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
理工学部機能創造理工学科 教授